高得点合格者の体験記

体験談をいただいた順(新しい分が上)に掲載しています。

 

岩村 康一さん

2018年11月24日 2級合格 獲得点 99点

もともと管理会計の大まかな分野(原価、損益分岐点、財務分析等)
は以前より仕事でやっていたのですが、この資格をネットで発見して
改めて基礎からやってみようと思いました。

管理会計は未来志向である点については意識が変わったような気がします。

勉強方法は テキスト読み込み☓2回 例題集4~5回 WEB答練(特に50問ランダム)
を繰り返して1ヶ月位集中して行いました。

テキストは読みやすく読み物としても面白いと思いました。
実務に応用するに当たって参考になる部分が多いかと思われます。

会計に興味がある人はやって損はないと思います。
(管理会計以外にも財務会計のBS/PL/CFについての本質理解も参考になりました)

 

 

T.U.さん

2018年11月18日 2級合格 獲得点 100点

国内のある企業に勤務している一般社員です。
研究部門から情報システム部門に異動し、予算管理システムや設備投資予算の運用管理を担当したことがきっかけで会計を勉強し始めました。簿記検定、ビジネス会計検定等を通じて独学で財務会計や財務分析の基礎を学び、伝票の数字がどう財務諸表に結びつき、位置づけられるかを理解することができました。しかし、本来予算とはどうあるべきなのだろうかという漠然とした疑問は残ったままで、次のステップを探していたところで管理会計という言葉を知り、本協会の管理会計検定にたどり着きました。
正直なところ初めは料金に躊躇しました。しかし、テキストだけではなく講義の受講と質問ができるため、曖昧な点を残さず、独学により陥っているかもしれない誤った理解を正すことができる環境に魅力を感じ、受講することを決めました。
教材(講義・テキスト)では、管理会計的な数字の扱いに先立ち、組織を導く経営者としての視点、経営における管理会計の位置づけから説き起こされる点が特徴的です。数字は客観的であると同時に、ともすれば前提条件を顧みずに主観的に扱われ、独り歩きする危険性をはらんでいます。本教材には、櫻井先生の机上の理論だけではなく、人の心も汲み取ろうとする、経営コンサルタントとしての姿勢・信念が込められているのではないかと拝察します。
2級取得を目指す過程で財務会計、財務分析の意味や考え方に肉付けすることができ、管理会計の基礎を学ぶことができました。しかし、まだ理解が曖昧なところがあり、目指すレベルには至っていないことを感じています。今回の合格を励みにより確かな知識と応用力を身につけ、1級合格を目指したいと考えています。

 

 

前田 義孝 さん

2018年1月27日 2級合格 獲得点 99点

ある企業の経理部門で5年ほど勤務しています。
大きな組織の経理での仕事は、どうしても財務会計や税務会計を目的とした処理業務が中心となります。
それはそれで基礎的なスキルを身につけるにはありがたいことなのですが、ひととおり決算業務まで修得したとき、このままでいいのだろうかとの思いが強くなりました。
単に処理をして決算書を作る、それだけではなく経理の知識をもっと経営的に活用して財務分析をしたり、予算や経営計画作りに関与できる力を身につけたいとの思いで管理会計検定に取り組みました。
管理会計検定の講座に取り組んで思ったことは、いかに自分の知識が狭い分野に限定されていたかということでした。
特に、管理会計検定でしつこく強調されている経営的視点を持つということについて、勉強を進めていく中で理解が深まったように感じています。
協会の対応は、他の方も指摘しておられるように、本当に親身で、質問に対して代表の櫻井さんが自ら何度でも理解できるまで説明してくださって、本当に感謝しています。
2級の合格は単なる通過点だと思っています。
最終的にはCMA(米国公認管理会計士)を取得するつもりですが、管理会計検定のテキストはこのことにも配慮がなされており、CMA試験で重要なポイントが随所に強調して示されていたり、重要な専門用語は英語が併記してあったりして助かります。
次は1級、そしてCMAと、これからも頑張りたいと思っています。
管理会計教育協会さんには引き続きお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

K.S.さん

2017年12月28日 2級合格 獲得点 100点

昨年、研究開発部門から経営管理部門に異動になり、管理会計をゼロから勉強することになりました。折角勉強するなら成果を見える化したほうが成長が実感でき、モチベーションが上がるのではと考えたのが受験のきっかけです
管理会計検定は自分のペースで勉強できるので、共稼ぎで小さい子供がいる私でも続けられるではと思い、2017年度からスタートしました。
主な勉強時間は通勤の行き帰り、会社の昼休み、土日祝日の子供が寝た後でした。実際に勉強を始めてみると管理会計は面白く、前向きに勉強を進めることができました。質問メールにも親切にご回答いただき、私の場合はテキストが届いてから大体8か月で合格することができました。せっかくなので2018年度は1級にも挑戦してみようと考えています。

 

 

劉 犀 (Xi Liu) さん

(PMP プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル保有者)
2017年7月4日 2級合格 獲得点 99点

2017年年初、会計を切り口とした経営改革プロジェクトに携わることになりました。あまり得意ではなかったAccounting領域を勉強出来る機会で、資格取得を含め、しっかり結果を残したいと思いました。
最初、財務会計と管理会計、どちらの方向に進むのか迷いましたが、これから「経営スタイルをどう改善していくのか」を考える立場となるので、まだニッチ市場である「未来志向」の管理会計を選びました。
当時、出張生活が長く続いていたので、移動時間、ホテルでの宿泊時間などを最大限に利用し、JEIMA入会してから約5ヶ月で合格する事ができました。
不明点などをメールで質問すれば、迅速に、納得できるまで丁寧に教えていただけたので大変勉強になりました。
37歳で未知領域にチャレンジができたのはとても楽しく、更なる成長を実感できたことに感謝の気持ちで一杯です。
これから日本市場で、管理会計の重要性が徐々に認識されると予想し、一歩早く管理会計の知識を身に付けるのことをお薦めします。

 

 

石倉 卓磨 さん

2017年6月11日 2級合格 獲得点 99点

今まで財務・経理部門で10年以上働いてきましたが、財務会計の業務が中心で管理会計の業務も一部行ってきましたが体系的に学習した事がなく、管理会計について学習できる資格等がないか探していたところ、たまたまインターネットで管理会計検定という新しい資格ができた事を知りました。
学習内容を確認したところ、会計の知識だけでなく、経営的な視点も身につくという事で今後の業務に活かせるのではないかと思い、すぐに申し込みをしました。
学習方法は、まずテキストを1度ざっと通読し、2回目に読む際に分かりにくいところはWEB講義を視聴し理解を深めました。その後、PDFの問題集とWEBの問題集を繰り返し解き、正答率が90%以上になったところでテストを受けました。学習期間は2ヶ月間くらいの短期間で集中して行いました。
テキストは図やグラフが豊富で、具体的な事例等の記載もあり初学者でもイメージしやすく、分量も多すぎず使いやすかったです。また、質問等のメールをした際もすぐに返事をいただきストレスなく学習を進める事ができました。
今後、管理会計検定1級、認定管理会計士、米国公認管理会計士と学習を進めていく予定ですが、そのベースとなる知識や考え方を管理会計検定2級の学習で十分学べたと思います。
これからも引き続きどうぞ宜しくお願い致します。