クラウド利用規約

第1条(利用規約)
1.本利用規約は、一般社団法人日本管理会計教育協会(以下「JEIMA」といいます。)が提供する「Web教育システム」(以下「本サービス」といいます。)の利用にかかわる一切に適用されます。
2. JEIMAがユーザーに通知する本サービスの説明、案内、利用上の注意等(以下「説明等」といいます。)は、名目のいかんにかかわらず本利用規約の一部を構成するものとします。
3. JEIMAは、ユーザーの了承を得ることなく本利用規約を随時変更することができるものとします。変更後の本利用規約は、JEIMAが本サービスのホームページ上に掲載することでユーザーに通知した時点より効力が生じるものとします。

第2条(利用契約の成立)
1. JEIMAは、本サービスをJEIMAが提供する教育サービスの一部と位置づけ、本サービスを利用できるのは、一定の条件を満たす会員とします。
2.本利用規約を内容とする本サービスに関するJEIMAとユーザー間の利用契約(以下「利用契約」といいます。)は、JEIMAがユーザーから本サービスの利用申込を受け、JEIMAがこれを承諾したときに成立するものとします。
3.ユーザーからの利用申込は本クラウドサービスが付属する教育プログラムへユーザーが申込むことにによって成立するものとします。

第3条(本サービスの利用)
1. JEIMAは、第2条第2項の利用申込を承認したときは、当該ユーザーに対し、本サービスの利用及び管理に使用するID及びパスワードを付与するものとします。
2.ユーザーは、自己に付与されたID及びパスワードの使用・管理に一切の責任を負うものとします。当該ID及びパスワードにより認証された本サービスの利用は、すべてユーザーによる利用とみなします。

第4条(利用目的)
ユーザーは、本サービスを自己の個人的な目的のためにのみ利用することができるものとします。

第5条(料金の支払)
ユーザーが、本サービスを含む教育プログラムの利用料金を支払うことによって本サービスの利用料金が支払われたものとします。

第6条(禁止事項)
1.ユーザーは、JEIMAが本サービスの円滑な提供のために出す必要な指示に従うものとします。
2.ユーザーは、本サービスに用いるJEIMA及びJEIMAの再委託先の設備(通信設備、通信回線、電子計算機、その他の機器及びソフトウエアをいいます。)に無権限でアクセスし、又は無断で第三者の利用に供する行為を行い、その利用若しくは運営に支障を与える行為(支障を与えるおそれのある行為を含みます。)をしないものとします。
3.ユーザーが第1項の指示に従わない場合又は前項に該当する行為を行ったとJEIMAが判断した場合、JEIMAは当該ユーザーに事前に通知することなく、当該ユーザーによる本サービスの利用を一時的に制限することができるものとします。
4.JEIMAが前項の措置をとったことで、当該ユーザーが本サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、JEIMAは一切責任を負いません。

第7条(責任の制限等)
1.本サービスの各機能は、提供時点においてJEIMAが提供可能なものとします。本サービスがユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能を有すること、期待する成果を実現すること、不具合を起こさないこと及び利用結果を含め、JEIMAは、ユーザーに対し、本サービスに関する何らの保証も行うものではありません。
2.JEIMAは、本サービスの利用に伴い、ユーザー又は第三者のプログラムやデータ(以下「データ等」といい、本サービス上に保存されているものに限りません。)の消失若しくは破損等が生じた場合であっても、その理由の如何を問わず一切の責任を負うものではありません。
3.JEIMAは、本サービスの障害対策を目的として、JEIMAが別途定める方法により、本サービス上にあるデータ等のバックアップを行うことがあります。JEIMAが本サービス上のデータ等のバックアップを行ったことを以て、バックアップされた本サービス上のデータ等をユーザーにリストアする義務その他の義務がJEIMAに生じることは一切なく、本サービスの利用に伴いデータ等の消失若しくは破損等が生じた場合のJEIMAの責任は、第2項に定めるとおりとします。
4.JEIMAの責に帰すべき事由により、本サービスの利用ができなかった場合には、不稼働時間に応じて、本サービス利用料金の一部を返金します。
5.前項の返金額は以下の計算式によって計算します。
返金額=25,000円×不稼働時間÷(24時間×365日×2年)
不稼働時間の1時間未満は切り捨て計算するものとします。

第8条(JEIMAからの解約)
1.会員規約所定の事項に加え、ユーザーが次のいずれかひとつにでも該当する場合、JEIMAは利用契約を解約することができるものとします。
①暴力団、暴力団員、暴力団関係、総会屋、社会活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団若しくはそれらの関係者(以下、総じて「反社会的勢力」といいます。)に該当し、又は反社会的勢力との取引若しくは人的、資金的関係があるとJEIMAが判断したとき
②自ら又は反社会的勢力を利用して、JEIMAに対して詐術、暴力的行為又は脅迫的言辞を用いたとき
2.ユーザーが前項各号に該当したことによりJEIMAが損害を被った場合、利用契約の解約の有無にかかわらず、JEIMAは、ユーザーに対し、被った損害の賠償を請求することができるものとします。
3.本条に基づく利用契約の解約によりユーザーに損害が生じた場合でも、JEIMAは、いかなる責任も負わないものとします。

第9条(利用契約終了後の措置等)
解約その他の事由により利用契約が終了した後、JEIMAは、本サービスの利用により当該ユーザーによってサーバーに格納されたデータの全てを消去します。

第10条(本サービスの停止等)
1.JEIMAは、本サービスの提供を終了するときは、ユーザーに対し事前に通知するものとします。ただし、緊急の場合にはこの限りではありません。
2.前項の通知は、本サービスのホームページ上に表示することにより行うものとし、表示後1か月経過した時点で全てのユーザーに通知したものとみなされるものとします。
3.JEIMAは、理由の如何を問わず、第1項の通知を行うことにより本サービスの終了によりユーザーが被った被害について一切免責されるものとします。

付則
本利用規約は、2016年7月1日より効力を有するものとします。