カテゴリー:財務分析

ROEが重要と過度に煽る危険性

昨日の日経トップは高すぎる日本企業の自己資本比率がROEにマイナスに働き、株価に悪影響を与えているというものでした。日本経済新聞は以前からROEと株価との強い相関関係を強調しています。 私も日経新聞が言う以前から、定期的 […]

続きを読む

粉飾を見破るひとつの方法

粉飾とは、わかりやすく言うと、「ルールで認められた裁量の範囲を超えて、利益を水増した決算を行うこと」です。 ルールの範囲内あればある程度利益操作はできるという意味でもありますが、、、 それはともかく、最近では東芝の例(な […]

続きを読む

ROE至上主義への警鐘

Wedge3月号の特集「米国流ガバナンスが企業を弱くする」はなかなか読み応えのある内容でした。 ずっと思っていたことが事実を踏まえてわかりやすく語られています。 アメリカ流のガバナンスにおいては、株主の支持を得るには、経 […]

続きを読む

不振が続くマクドナルドの決算書

✔この記事は「櫻井道裕の経営雑感」からの転載記事です。 売上高前期比20%減、連結損益▲292億円、尋常ではない不振が伝えられるマクドナルドです。 例によって、気なりましたので、決算書(決算短信)をざっと見てみました。 […]

続きを読む

インベストメントセンターと投資収益性 その2

✔この記事は櫻井道裕の経営雑感からの転載記事です。 Web講座で、部門別業績管理がテーマでした。 部門といっても、損益だけではなく投資権限・責任まで持った組織のことをインベストメントセンター(Investment Cen […]

続きを読む

再びワタミの話題、介護事業売却における財務的事情

再びワタミが話題になっています。 ✔この記事は、「櫻井道裕の経営雑感」からの転載記事です。 今度は、介護事業売却の話題、すでに買い手のめどもつきかけているとか。 新聞報道では、ワタミの3事業(外食、宅食、介護)の中の稼ぎ […]

続きを読む

東芝の不適切な会計処理~棚卸資産は不正の温床~

✔この記事は、「櫻井道裕の経営雑感」からの転載記事です。 東芝の不適切な会計処理、その全貌は未だ全て解明されていませんが、報道されている限りでは長期受注案件における予想される損失の未計上など(いわば損失の未来への繰り延べ […]

続きを読む

ワタミのセグメント情報を分析してみました

✔この記事は、「櫻井道裕の経営雑感」からの転載記事です。 ワタミの業績不振が報道されています。 外食の不振がその要因とされていますが、本当なのか、検証してみました。 まずは、セグメント(事業)別の売上高と営業利益の推移で […]

続きを読む

イオンとセブンアンドアイのキャッシュフローバランス

✔この記事は、「櫻井道裕の経営雑感」からの転載記事です。 「イオン、投資6割増」の見出しが朝刊に踊っています。 既存店の改装投資が中心のようですが、消費増税後の販売低迷に喝を入れるということです。 実は、イオンやセブン& […]

続きを読む

話題の大塚家具とニトリの決算書を比較してみました

✔この記事は、「櫻井道裕の経営雑感」からの転載記事です。 お家騒動で話題の大塚家具、どんな財務状況なのだろうと気になりました。 ということで、ニトリと比較分析を試みました。 まずは、決算書を見る前に大塚家具についてありそ […]

続きを読む