カテゴリー:マネジメント

教育と懲罰だけで風土は変わりません

また起きてしまいました角界の不祥事、 防止策として語られるのはいつも、教育と懲罰、それだけ? 色々言っても余程の不祥事をおこさない限り関取の業績評価は勝ち星や優勝回数に偏っています。 民間企業ならとにかく売上や利益をあげ […]

続きを読む

視座を高めてください!

会社の部長さんクラスの幹部によく申し上げる言葉があります。 「視座を高めてください」「社長さんになったつもりで考えてください」 一体視座を高めるとはどういうことなのでしょうか? 私はひとつの例としてこんなことがあるのでは […]

続きを読む

京都人の忖度

昨日は京都のクライアント先の方々と祇園で会食をしました。 会話の中で京都のディープなこと色々お聞かせいただき、知っていたこともありますが、なかなか興味深いことも多く、楽しいひと時でした。   老舗企業における事 […]

続きを読む

忖度 その2

社長の虫歯が原因で、誤って忖度したという、笑い話にもならないあきれたお話の続きです。 この話、バカだなぁ~ で終わらして良いのでしょうか? 会社における社長と言えば、 「生殺与奪」の強大な権力を持っていることが多いでしょ […]

続きを読む

忖度 その1

本年度流行語大賞の呼び名を高い、 「忖度」(そんたく) という言葉、初めて聞かれた方も多いことでしょう。 その意味、もう既に多くの方はご存知でしょう。 大辞林によるとそれはこう説明されています。 「他人の気持ちをおしはか […]

続きを読む

18歳成人、未熟だからダメではなく、責任を与えることで成長を促す

いよいよ民法が改正され、18歳成人が実現します。(実施は早くて2021年) しかし、18歳はまだ子供、早すぎる、などといった主張は多く聞かれます。 様々な考え方があっていいですし、それらを否定するつもりは毛頭ありません。 […]

続きを読む

業務改革の作法~「やり方」の前に「やるべきこと」~

あるご依頼に基づいて、久しぶりに業務改革について考えています。 やり方はいくつもあります。 業務ごとにフローチャートを書いて細かい改善を積み上げる方法。         しかし、そ […]

続きを読む